イマークsで内蔵脂肪の数値も落とせるか?

イマークsで内蔵脂肪の数値も落とせるか?

イマークsで血中中性脂肪だけでなく、内蔵脂肪を減らすことができるのかを考えてみました。

 

内臓脂肪とは指でつまめる皮下脂肪のことではなく、腸管の周りなどにつく脂肪のことです。

 

内臓脂肪は生活習慣のなかで知らないうちに蓄積され、ぽっこりとしたお腹になり、メタボリックシンドロームになってしまいます。

 

内臓脂肪は生活習慣病の原因になりやすく、放置しておくのはとても危険です。内臓脂肪は皮下脂肪よりも食事の影響を受けやすいです。毎日の食事とイマークsによって内臓脂肪を落とし、改善してみましょう。

 

内臓脂肪を増やすお酒を減らす

 

毎日の晩酌が習慣になっている人は多いと思います。

 

この晩酌が内臓脂肪を増やす原因になります。晩酌は毎日するのではなく、適度に休肝日を入れることが必要です。
また、お酒の量を減らすことも大切です。これだけで、内臓脂肪はかなり減らすことができます。

 

イマークsに入ったDHAやEPAは肝臓に良い影響をもたらすとも言われているので、お酒が好きな人にも良いですね。

 

一日三食の規則正しい生活を

 

一日三食の食事を心がけることです。朝ご飯を抜くなどの欠食があると、一回の食事で体が一気に栄養を貯めこもうとするので、よけいな栄養をとってしまいます。そして、よく噛むことが大切です。よく噛むことで、満腹中枢を刺激し食べ過ぎを防ぐことができます。当たり前ですが、夜食をとることはよくありません。

 

朝食のかわりにイマークsを飲むようにするだけでも大分体調は変わってきそうですね。

 

脂質をへらす

 

炭水化物は内臓脂肪を増やす中性脂肪がたまりやすい食べ物です。

 

取りすぎた炭水化物は内臓脂肪へ変わります。また、当然ですが、脂肪のとりすぎは内臓脂肪を増やします。できるだけ、動物性タンパク質を減らし、植物性タンパク質をとるようにします。植物性タンパク質は脂質になりにくいので有効です。また、洋食から和食へ変えるだけでも効果があります。

 

和食のほうが脂質が比較的少ないからです。ただし、和食だからといって、食べ過ぎたり、脂質の多い食事をしないように注意しなければなりません。

 

青魚中心の食生活にするのが一番なのですが、どうしても難しいという方はイマークsを飲むようにしましょう。青魚由来の成分がたくさん含まれています。

 

日々の心がけで内臓脂肪を改善する

 

食事で内臓脂肪を減らすと言っても、極端な食事制限をするわけでもありません。日々の食生活を少し改善するように心がけるだけで、内臓脂肪は改善できます。

 

イマークについてはこちらから⇒http://www.alloydesignworks.com/