イマークsで血糖値を安定させれば脂肪も燃焼できる!

イマークsで血糖値を安定させれば脂肪も燃焼できる!

内臓脂肪は読んで字の如く内臓の周りについた脂肪のことです。皮下脂肪に比べて成人病の原因になりやすいと言われています。

 

食べ過ぎて摂取カロリーが多くなってしまうと皮下脂肪よりも先に内臓脂肪がついてしまいます。運動した場合もまず先に内臓脂肪が体内で使われるので、落としやすい脂肪でもあります。

 

イマークsは内蔵脂肪に効果的なのでしょうか?考えていきたいと思います。

 

内臓脂肪とつけないためには?

 

摂取カロリー消費カロリーになれば、太らないので内臓脂肪がつきにくくなります。但し、一度にまとめ食いをすると肝臓に貯えれるグリコーゲンだったり、分解できるタンパク質だったりのキャパを超えてしまいますので、脂肪に変換されやすくなります。なので小まめに小分けして食事をしたほうが、太りにくくなります。

 

基礎代謝が1600kclで、一日の活動で消費するのが800kclなら、2400kcl以内が一日の食べれる量になります。3食600kclの食事とおやつなど小腹すいた時の3回の200kclの間食を入れればよいと思います。

 

血糖値の上下動も少なくてすむので、脳や筋肉に常に栄養がいきわたってる状態なので元気に過ごせます。まとめ食いをしてしまうと、急激な血糖値の上下動が起きてしまい、インスリンが出て脂肪をため込もうとしてしまいます。食後3,4時間すると血糖値が下がってくるので、1食だけだと脳や筋肉に栄養が不足して疲れやすくなったり思考が鈍くなったりします。

 

貯えられてる脂肪や筋肉を脳のエネルギーにしようと体内で異化作用が起きるので筋肉が少しずつ減ってしまいます。筋肉が減ると基礎代謝が減るので今までと同じ量を食べると少しずつ太ってしまいます。

 

お相撲さんの逆の食べ方、食事回数を増やして血糖値を安定させることがポイントになってきます。イマークsにも血糖値を安定させる役割があると言われているのであわせて飲んだ方が良いでしょう。

 

内臓脂肪を燃焼するための運動、つけにくくするための運動

 

運動は、すぐに結果がほしいならジョギングやエアロバイク、ウォーキングなどの有酸素運動をするのがいいのですが、長い目で見たら筋肉をつけて基礎代謝を上げることが、太りにくい体を作ることになるので、ウエイトトレーニングなどの無酸素運動もしたほうがいいということになります。

 

スポーツドリンクがわりにイマークsを飲むのはちょっと無理がありますが、運動時に飲んでも良さそうです。